マネジメントゲーム マイツール 社員研修 社長のための経営計画 管理会計 MG・マイツール・Yリロンをアジアに世界に 伝える 広げる 高める
マッシモのMGノート
  • HOME »
  • マッシモのMGノート »
  • MG(科学)

MG(科学)

会計砦の3悪人

黒澤明監督作品のひとつに「隠し砦の三悪人」があります ジョージ・ルーカス監督の映画「スター・ウォーズ」の元ネタとしても有名です そこで、西 順一郎先生のおっしゃる「会計の3悪」をもじってみました (^O^) 経営計画を立 …

FC(全部原価)は本当にだめなの?

全部原価(計算)の弱点は「作る個数(生産数量)で原価が変わる」ということにつきます また、製造固定費が変わると製品の品質は同じなのに原価が変わる点も問題です こんな話がありました あるメーカーが、工場の屋根の改修を行いま …

要素法で考える

けさの朝日新聞経済欄(2017.1108)に焼き鳥チェーン店のPアップとQダウンの記事が載っていました 記事にはこう書いてあります 1.価格を280円から298円に値上げした(6.4%アップ) 2.しかし客数は7.0%減 …

決算書 試算表の構造その2

先日、奈良MGを開催しました。 その際に参加者の皆さんとお話しをしていて、やはり会計の5要素の理解が 難しいなと思いました。 逆に言えば、これが分かれば会計の理解もぐんと深まることを確信。 前回では、決算書を理解する上で …

ビジネスパワー分析

  MGの4期と5期の合間には、ビシネスパワー分析が入ります(略してビジパー) 時間の都合で割愛されがちですが、社内MGではできるだけやるようにしています 社員は普段、自分と他人を「客観的に評価する」という機会 …

データ分析は家庭料理と同じ

写真はある企業でのコンサルティングの様子です データベースが構築されたら、あとは分析してその結果を 全員で共有です それはうちで作る家庭料理に似ています 食材を溜める  その溜め方はすぐに欲しい材料や調味料に手がとどくよ …

決算書 試算表の構造その1

前回の続きで、数字が苦手の人向けにまずそもそも、決算書は何を表すのでしょうか? みなさんは、なんて答えますか?株主に報告するため?お金を借りるため?税金を計算するため?中小企業の社長様からそんな声が聞こえてきそうな。。。 …

再び、データベースマーケティング

データベース・マーケティングの基本は5W2Hです 昭和の商店街の八百屋や魚屋のおばちゃんは、みんな「データベース経営」でした おばちゃんの頭の中には常連さんが いつ・何を・どれだけ買ってくれたのか? その好み、家族構成、 …

飲食店のPアップはどうすれば、うまくいくのか?

MG研修では値決めの重要性を嫌というほど、肌身で感じます さらには利益感度分析の講義でPアップの大切さや値引きの恐ろしさを学びます そうは云っても周辺のライバル店はあんなにPを下げている。。 対抗上、際限のないPダウン合 …

独立変数と従属変数

  統計では、データ間にある因果関係について調べます 因果関係とは、ある要因によってもう一方の要因の結果に差が出るかどうかということです そのとき、原因となる要因のことを「独立変数」 その結果現れるものを「従属 …

事実を知る 正しいMQを知る

税務会計の最大の短所は「遅い」ことと、製造業の場合はFCであることにつきます (もちろん、会計事務所側の事情も充分理解しているつもりです) 経営はスピードと決断です 1ケ月半~2ヶ月も後から出てくる報告書は「情報」ではな …

情報の3段活用

なぜMGの次はマイツールなのでしょうか? 経営データを意思決定に活かす、あるいは数字がわかる とはどのようなことでしょうか? 具体的には3つの段階があります どうするのか詳しく見ていきましょう! 〈第1段階 データ〉 経 …

損益分岐点の話

~それは崖ではなく渚だった~ 利益感度分析の講義でおなじみのBEP(損益分岐点)のはなしです 実は本当のBEPはいつも見慣れている、「みおちゃんの崖」ではなく 渚における潮の満ち引きのごとく、常に上下に変動するものだった …

倉庫のおきて(ストレージ公式)

リスクカードの「倉庫火災」… それを引いたら、ある意味いちばん盛り上がりますよね(何個も材料があれば意気消沈ものです) そのためか、シニアルールでは無災害倉庫のレンタルは必須です <問題> それでは倉庫が1つしか借りるこ …

経営計画の落とし穴

5要素を使って経営計画を考えると、以下の手順になります 1.G+Fで目標MQを出す 2.そしてカテゴリー別(商品別)やサービス別のMQを出す  あるいは顧客別のMQを出す 3.それぞれのQの数値を行動計画に反映させる で …

戦略チップへのアプローチ(考察) 「緑チップ」

緑チップは時代とともに、名称とそのキャラクターが変わってきました その変遷はこうです 1.MG草創期は3枚の緑チップが会社盤にのっていました 会社盤にその名残をみることができます(ひとりで3枚使用するので、緑チップは20 …

戦略チップへのアプローチ(考察) 「赤チップ」

MGが面白いのは4種類ある戦略チップ、それぞれのキャラクターが際立って特徴づけされているからです いわゆるキャラが立っているということなんですが… 戦略という言葉は軍事用語からの転用ですが、経営で使う場合はこんな感じにな …

「私とコンピューター」(データベース主義)

MG2日目の昼食のスピーチのお題は「私とコンピューター」です 初心者は戸惑いますが、話すのはA卓やB卓のひとだけなので慣れたものです 西式経営の方程式は、MG=マイツールですから 参加者は「なるほど、マイツールなのか」と …

PQがゼロのときのSTRACは?

MGはスパルタです しかも売り方は「教えない」ですから まれにレアケースですが、PQがゼロの参加者が出ます そんな時のSTRACの書き方です 1.平均PとV(コスト構造)の箱は×(バツ)にする 2.V率とm率は「不定」 …

Fの正体

F1からF5までの費用を固定費という言い方は良くありません(ちっとも固定ではありません) むしろ、期間費用と言ったほうがしっくりときます なぜなら、これらの費用は「時間当りいくら」の金額で算出されているからです 社員の給 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 3M経営  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.