優れた社員教育方法であるマネジメントゲーム,マイツールを使って良い会社を創ります。社長のための経営計画・戦略的な管理会計を修得しましょう。 関西 MG・マイツール・Yリロンをアジアに世界に伝える 広げる 高める
マッシモのMGノート

経営

疑え常識:Gアップの方法は105通り

  世間の常識は、必ずしも真理ではありません。 いわゆる世間一般では「経営のセオリー」として、こういうことが言われます。 利益(G)を出すためには次の3つしか方法はない。 1.売上高を増やす 2.売上原価の逓減 …

MQ会計とマイツールの威力(ある事例から)

1.ある外食チェーン・フランチャイズ店で、ウーバーイーツのサービスを行っています。 この度のコロナ騒動で、おそらく多くの飲食店で同様のデリバリーサービスを導入しています。 2.ウーバーからこの店に売上促進、増加策として以 …

「Do nothing」という選択(意思決定)についての考察:その2

1.3年前のブログに「Do nothing」について書いています。 →「Do nothing」という意思決定:行動科学のMG (2018.1025) 初心者が多いMG研修では、この「Do nothing」について考えさせ …

体系的な学び・西研MGの6段階

体系的な学びとは、学習における理論を1.基礎→ 2.実践(応用)→ 3.発展へと展開することである。 MGは科学・思想・戦略をベースにした「経営基礎学」である。 その学習形態はActive learning(自発的学習) …

必ず数字に強くなる 必勝法4原則

数字が苦手だと思っている人(経営者)は、以下の4つのことを実行すれば数字アレルギー、会計アレルギーを克服できます。 これは過去40年以上にわたるMG研修で証明されている経験則だからです。 〈必勝その1〉「ゼロを書く・全部 …

簿記こと始め

1.簿記の語源 1)オランダ語の「Boekhouden」の和訳として初めて簿記を用いたとされるのは、明六社の津田真道(1874年)である。 複式簿記は長崎(出島)のオランダ商館を通して、その存在だけは紹介されていた。 た …

新・数字に強くなるコツ

以前にもブログで書いたのですが、 先日の広島道場MGでの話をもう少しまとめてみました。 前回のブログはこちらです。→ 数字に強くなるコツ MGを勉強する目的(動機)のひとつは、「生きた経営」を学ぶことです。 そして経営に …

「知る・できる」と「やる」の壁:知的ワーカーの役目

すぐやる、あとでなおす 学びには段階があります。 知る(知識や知見) できる(能力) やる(実行・実践)の順番です。 知識は読書や学習から 能力は訓練から涵養され 実践はただ行動する意思の強さで決まります。 この段階でな …

経営理念と真善美:MGのめざすもの

『夢なきものに理想なし、 理想なきものに計画なし、 計画なきものに実行なし、 実行なきものに成功なし、 故に、夢なき者に成功なし』 出典は幕末の思想家、吉田松陰です。 MGでは、成績<期数<交流<成果<向上と云われていま …

「Do nothing」という意思決定:行動科学のMG

意思決定の訓練をするのがMGなのに、そのなかに「Do Nothing」があるのを不思議に思ったことはないですか? 経営(マネジメント)に必要な3つの要素は 1.バランス 2.タイミング 3.スピード  です。 この3つを …

マイツールとゼロ戦:天野榮夫さん

天野榮夫さんのコラムに「ゼロ戦とマイツール」というのがあります。(シアターMAVに掲載) 戦闘機とコンピューターとの対比が面白いので紹介します。 〈以下引用〉 「ひるがえって我々のマイツールである。 ゼロ戦についての堀越 …

教育としてのMG:戦略マンの養成

MGの効果はいくつかありますが、「教育」の観点から見た場合、 それは資質のある社員をブリリアントワーカー・知的ワーカーに改造して行くことにあります。 見込みがあるのなら、それを徹底して訓練して伸ばす。 なんでも皆と一緒に …

経営の3要素:経営のツボ

1.時間差攻撃(西 順一郎先生) 経営をMGの要素で表現すれば、以下のようになります。 この順番はあらゆる業種、業態に当てはまる絶対原則です。 それは、F↑→Q↑→MQ↑→G↑の順番だというものです。 これを西先生は「時 …

MQ会計の導入について:戦略的な会計の導入

MGを学べば、MQ会計を自社でもやってみようということになります。 しかしそれは売上げをPQ・売上原価をVQ・固定費をFに変換することでは決してありません。 まず、製造業の場合は原価計算をFCからDCへと変更します。 さ …

情報リテラシーの向上

前回のブログ「Garbage in, garbage out(クズを入れれば、クズが出てくる)」の続編です。 情報のアウトプット 情報のアウトプットには、3階層あります。 良いアウトプットのためには、良質なインプットが必 …

経営計画のG その根拠

今回は、経営計画における「Gの設定についての根拠」の考察です そもそもGとはどういうものなのでしょうか? それは経営者の願望なのではなく、もっと科学的な根拠に基づいた数字であるべきです G(利益)は目的ではなく、企業の継 …

Qアップの3原則

経営の要諦はQです なぜなら、ポケコン(ポケットコンピューター)を使って企業実態の経営分析を行います そうするとP.V.Q.Fの4要素のうち、一番フレキシブルな要素はQであることが分かるからです フレキシブルとは実現の可 …

儲かりのないところにやりがいはない

仕事へのモチベーションをどう維持するのか? 人事労務関係の最大の課題といってもいいでしょう MGにはその解答のカギが隠されてありました 「Plan Do See」のSeeの部分です みんなで結果を評価する 良かった 黒字 …

経営の3悪

会計3悪のつぎに 「経営の3悪」はなにかというと 1.売上第一主義 2.率による経営(意思決定) 3.引き算経営       です PQ至上主義が経営に及ぼす悪影響は深刻です 安売りをしてもいいから、とにかく売上をあげろ …

すぐやる あとで直す

MGは、1976年(昭和51年)にソニーの社員教育のために開発されました ソニーマンは創造性を旨とします  いわば創造性第一主義です タイトルで紹介した「すぐやる、あとで直す」はソニー創造性の13原則のなかでも有名かつ大 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 3M経営  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.